読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいトコみっけ隊!

ミックス犬トコと色んないいトコ見つけてHAPPYになるブログ

アカシックリーディングを受けてみた

 

久しぶりのブログです

2017年明けてしまいましたね

皆さま、おめでとうございます!

 

あいかわらず、寒い日はこたつで丸くなってるトコ隊長と

やりたいことがみつからず、うだうだしてる私です

 

「自分はすばらしい!」と唱えて自信をつけようとしてみたり、瞑想してみたり、

インナーチャイルドワークをしてみたり・・・

 

色々取り組んではいるんですけどね

 

ここ最近は、もうほんとになーーーんにもせず、「しなくちゃ」ではなく、

ただワクワクにしたがって「したい」こと、ふと「してみようかな」と思ったこと

のみしていました

 

ワクワクの延長上に収入につながることがあれば、最高じゃん!と思って・・・

 

私は植物が好きなので園芸店をふらふらしたり、ヤフオク多肉植物を落札したり

高麗神社を昼バージョンと夜バージョンを参拝したり、

一昨日なんか、昼頃ふと「八ヶ岳いってみよっかなー」と思い立ち、子供たちと

行ってきちゃいました

 

f:id:waku2154iar:20170110215609j:plain

 

この道は「子豚の散歩道」と名付けられてて、北には八ヶ岳(画像)

東には富士山、南には南アルプス、東には北アルプス

と360°山山山ーーーーー!!ひゃっほーーーーーーー!!!

山好きな私にはたまらないロケーションなのでした

 

でも山からエネルギーもらって元気100倍になっても、「気づき」を自力で得ることは難しかったです(;´Д`)

 

そして、今日とうとうアカシックレコードにつながれる先生を頼って、アカシックリー

ディングを受けてきました

 

自分の今世の使命など、もしあれば知りたい!と思って・・・

 

アカシックレコードとは膨大な量がつまった全人類の記憶で、例えるなら人類共通のPCみたいなものです

 

今日お世話になった先生はそこに繋がれる能力をお持ちの方です

ふんわり優しい話口調で、とても相談しやすかったです

 

相談は一問一答形式で初めに生まれた時の名前と生年月日を伝えました

 

先生はしばし目を閉じて、アカシックに集中していきます

その間、10~15秒くらいです

そして、一問のリーディングが終わると回答を下さる、という感じです

 

びっくりしたのは、「ちょっとそれちがうよ」って回答は一つもなかったことです

どれもこれも、「はい!そうなんです!」「そうそう!」「やっぱりそうですか!」

「全くその通りです!」としか言いようがなく、首を縦に振るのに忙しかったこと

忙しかったこと

 

まず初めに、自分の性格から聞いてみました

 

人にオープンになれないことは中学時代、ある先輩から、

何かちょっとしたことで誤解を受けて、皆の前で貶められたことが発端です

それがきっかけで、元々は天真爛漫でオープンだったのに、「目立たないようにしてお

こう」という思考にはまってしまっている

素の自分に立ち返って、思ったことを口に出していいです

 

うっわーーーー、そんな昔のトラウマわかっちゃうんだ

仰る通りです

そのことですごく苦しみました

そっかそっか、そこんとこ全然癒えてなかったんだな

もっとチャイルドワークでその場面を癒していこう!

 

でも思ったことを口に出すと人を傷つけちゃうかもしれないと思って、

なかなか自信が持てないので

少し前から「自分はすばらしい!」って唱えて、自信をつけようとしてるんです

と伝えたら、なんと・・・

 

「自分はすばらしい」って言った後に、

「そんな、そんな~、私はそんなんじゃない」って思ってますよね

今、言った瞬間、身体から出てるエネルギーが小さくなったんですよ、と

視線を上に上げて仰る先生

 

うう~~、私の頭上から何やら放出されてるものも見えて、心の声まで

聞こえてしまうのか!

すごい、この先生は本物だ!

仰る通りです

「そんな、そんな~」って心が勝手に言うんです

最近はあんまり聞こえなくなってきてたけど

やっぱり心の底からそうは思えていません

 

「自分はすばらしい」だと漠然としてるから、もう少し細かいことから

自分をほめていくといいです

「ほめる日記」をつけてくださいとのこと

 

つけます、つけます!今日からすぐつけます!

自分をほめるってなんか、くすぐったいけど・・・

やれることは、なんでもやります!

 

そして肝心の仕事についても今後の指標を頂けました

 

おっと、ほめる日記つけるんで・・・続きはまた書きます

ではでは~

 

 

 

ああ、私はもう平坦な道を行きたいのに・・・

私にはハードル高すぎますよ、先生・・・